ー ライフアップコラム ー
リフォーム
2017年01月09日

リフォーム時に床の素材を考える時、手入れのしやすさや部屋のインテリアへの多様性を踏まえてフローリングを選択する人が増えています。
しかし、ひと口にフローリングと言ってもその素材や用途に応じて多種多様な製品が存在します。
そこで最適な製品を失敗せずに選べるよう、フローリング選びのポイントを挙げてみました。


フローリングの種類と特徴を理解する

フローリング材はその素材別に大きく2つに分けることができます。
まずひとつ目は無垢の木材を使った無垢フローリングです。
使われる原料はチークやバーチ、ウォールナットなどのさまざまな木材で、基本的に一本の木から削り出した板のみで作られていることが特徴です。
それぞれの素材の持つ木の色に個性があり、自然な雰囲気が出せることで常に人気のある資材です。
一方、合板のフローリングは複数の木材を接着剤で貼り合わせた合板の上に、木目のある木材の薄い板を貼りつけたものが主流です。
主な材料が合板ですので、無垢フローリングと比べると安価に施工できるのが特徴です。
また色合いは表面塗装により、ライトなブラウンからブラック系まで幅広い選択が可能ですので、リフォームする部屋の雰囲気に合ったものを選ぶことができます。

無垢フローリングを選ぶ際のポイント

リフォームの際に無垢のフローリングを選ぶのであれば、そのフローリングにどのような手入れが必要であるかを知っておく必要があります。
素材や加工の仕方にもよりますが、無垢のフローリングの場合は定期的にワックスを掛けるなどの作業が必要になる場合がありますので、施工前に確認しておきましょう。
また、無垢のフローリングは素材が持つ美しさが活かされる床材です。
木目や色合いは木の種類によって全く違うイメージを持ちますので、サンプルなどを参考に最適なものを選びましょう。
ただし、カリンやマホガニーなどのフローリングはその原料価格が高いこともあり、広い面積に施工するとリフォーム費用が高額になってしまうこともあります。
その場合は特別な部屋のみに使用したり、色合いや雰囲気の似た材質のものを探すなどの工夫をすることも必要です。

合板フローリングを選ぶ際のポイント

合板フローリングは安価でリフォーム費用を抑えることができる優秀な建材です。
その上、いろいろな機能を兼ね備えた製品が多く存在しますので、施工する場所や家族の状況によって最適なものを選ぶとリフォーム後の生活の質が格段にアップします。
例えば、キッチン周辺には水回りでの使用に特化した製品を選んだり、マンションなどでは防音効果の高いクッション付きの製品を施工することもいいでしょう。
小さなお子さんやペットがいる場合には傷がつきにくいタイプを選ぶことで傷を気にすることも少なくなります。
また、リフォーム時に床暖房の設備を組み込む場合には、熱変化に強い合板のフローリング材を選ぶことにより、ひび割れや反り返りなどのトラブルを防ぐことができますよ。

最新の投稿
2017年01月09日
フローリングのリフォームで失敗しないためのポイント!
2016年11月25日
マンションをリフォームする時に知っておきたい注意点!
2016年10月27日
賢くリフォーム!リフォーム時に利用できる補助金と減税
2016年09月28日
2016年09月28日
リフォーム前に知っておきたい、リフォームローンの基礎知識
カテゴリ

リフォーム[4]

リラクゼーション[1]

寝具・雑貨[1]

ライフハック[1]

社長のブログ[0]